社長からのメッセージ

入間ケーブルテレビは、「地域とともに、市民とともに」をスローガンに、埼玉県入間市の情報発信基地を目指して、平成2年4月に開局しました。これまでその「原点の心」を忘れず日々の業務を遂行して参りました。

 

創業当時、先行者無き新ビジネス業界と言われた「ケーブルテレビ事業」も、時代の変遷とともにインターネットや電話事業が加わり、最近では無線サービスや地域の安心・安全に関するサービスなど、様々な事業を展開する「地域の総合サービス事業」に成長しました。

 

今、世の中は様々な分野で変化しています。お客様も社会も時代と共に変化します。その対応を怠り、自己革新が途絶えた時に企業は危機に直面します。ですから、常に変化への対応を心掛ける必要があります。

 

当社の企業理念は、地域の人々の暮らしを支える「地域パートナー企業・地域のお世話業」です。その使命に応える為、私は「破壊的イノベーション」の時代と唱えて参りました。過去からの積み重ねた経験から思考する「継続的イノベーション」では急激に変化する時代には対応できません。従来からの経営観では計り知れない発想を持たなければ、次なる展開は読めないということです。

 

しかしながら、このような変化の時代は創業以来に訪れた最良にして最大の「ビジネスチャンス」とも言えます。そのチャンスをつかむ鍵は、経営者と思いを共有して、結果を創出できる社員の存在そのものにあります。

 

人の成長なくして、会社の発展は成し得ません。また、会社の成長に伴って、求められるスキルと資質も変化します。急激に変化する「IT業界」の一員として、その変化への対応、そして新たな発想を持てる社員が集う会社が、今後成長していきます。それは、想像に絶する大きな姿になることでしょう。

 

時代にあった戦略を具現化し、そして地域を元気にしたい。そんな熱い思いを持った仲間を私たちは求めています。

 

 

 

 

 

  

 入間ケーブルテレビ株式会社

代表取締役社長

 

荻野 喜美雄